人間の老い方死に方 : 兄小林秀雄の足跡

高見沢潤子 著

大評論家、小林秀雄、死して13年。今なお迷える現代人の指針として生きつづける深遠なる哲学。兄の晩年を見守りつづけた実妹が91歳の今、書き下ろす日本人への遺言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間としていかに生きるか
  • 第2章 初めは終わりである
  • 第3章 人間としていかに老いるか
  • 第4章 人間としていかに死ぬか
  • 第5章 永生の生命を生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の老い方死に方 : 兄小林秀雄の足跡
著作者等 高見沢 潤子
書名ヨミ ニンゲン ノ オイカタ シニカタ
書名別名 Ningen no oikata shinikata
出版元 海竜社
刊行年月 1995.11
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 4759304355
NCID BN13447099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96048245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想