声の回帰 : 映画『ショアー』と「証言」の時代

フェルマン ショシャナ【著】<Felman Shoshana>;上崎 成利;崎山 政毅;細見 和之【訳】

歴史と政治と芸術にとって証言とは何か。ホロコーストの歴史的意味を執拗に問い続けるクロード・ランズマンの映画『ショアー』の分析を通じて、歴史的事件の目撃行為という直接性において証言と証言者を特権化してしまうことをどこまでも排しながら、目撃者の「感覚的確信」が解体し、証言が不可能になる瞬間に、証言が本来的自己本質への旅を芸術の介入とともに開始する位相を標定する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 声の回帰 : 映画『ショアー』と「証言」の時代
著作者等 Felman, Shoshana
上野 成利
崎山 政毅
細見 和之
フェルマン ショシャナ
書名ヨミ コエノカイキ : エイガショアートショウゲンノジダイ
シリーズ名 批評空間叢書 8
出版元 太田出版
刊行年月 1995.9.28
ページ数 206p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4872332393
NCID BN13424741
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想