フランス政治の変容

ルネ・レモン 著 ; 田中正人, 塚本俊之 訳

フランスはどこへゆくのか…。皮相な時局論を超えた、長期的変動のゆくえを追う。フランス政治史学の大家・初の邦訳。14年に及んだミッテラン政権を経て、政治の争点はかつては考えられなかった位相を見せている。左翼・右翼に差異はあるのか、政党の勢力分布はどうなったのか、政治は世論から遊離しているのではないか、手探りの政治体制はどこへゆくのか…これらすべての変化のうちにある。本書は、今日フランスの抱える諸問題を、長期的経過の中からとらえ直し、歴史の変動として分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 右翼と左翼はどうなったか
  • 第2章 変貌した政治の舞台
  • 第3章 政治は危機にあるか
  • 第4章 私たちはいかなる体制の下にあるか
  • 第5章 政治の新たな対象
  • 結び フランスは今なおフランスか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス政治の変容
著作者等 Rémond, René
塚本 俊之
田中 正人
R'emond Ren'e
レモン ルネ
書名ヨミ フランス セイジ ノ ヘンヨウ
書名別名 La politique n'est plus ce qu'elle était

Furansu seiji no hen'yo
出版元 ユニテ
刊行年月 1995.10
版表示 〔ポケット版〕
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4843220620
NCID BN13410102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96052880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想