高崎のサービス業と花街史

根岸省三 著

[目次]

  • 高崎のサービス業と花街史
  • 目次
  • 写真と口絵
  • 高崎宿の綿市に集る女たち / 1
  • 柳川町の全図(電気館屋上から見る) / 2
  • 高崎芸妓の舞台姿 / 3
  • 高陽芸妓の踊り / 4
  • 柳川町東部の中心街 / 4
  • 序・田中順二 / 5
  • 花柳史出版について・根岸省三 / 6
  • 目次 / 8
  • 高崎花柳史
  • 古代の性生活 / 11
  • 万葉時代の恋愛 / 13
  • 戦国の女たち / 17
  • 遊女の生長と江戸時代 / 20
  • 遊女の呼名と階級 / 23
  • 駿府時代の遊女 / 27
  • 吉原と浮世絵 / 29
  • 春売と花柳病 / 34
  • 女郎と身分 / 36
  • 川柳から見た女 / 39
  • 高崎宿の飯盛女 / 47
  • 高崎藩の風紀取締りと芝居 / 49
  • 倉賀野宿の女郎旅籠 / 51
  • 倉賀野宿と女郎屋 / 58
  • 新町宿の女郎旅籠 / 63
  • 女郎屋藤浪白満のこと / 64
  • 女郎の心中 / 65
  • 飯盛女のさまざま / 68
  • 倉賀野女郎衆というもの / 76
  • 全国の女郎屋と倉賀野 / 81
  • 花柳界の信仰 / 83
  • 廃娼運動と高崎 / 87
  • 高崎に女郎屋の誘致運動 / 92
  • 旅籠と旅館 / 94
  • 岩鼻宿の旅籠屋 / 97
  • 天保二年の旅籠屋 / 99
  • 一茶と高崎宿の旅籠屋 / 100
  • 駅前旅館の今昔 / 102
  • 銭湯と髪ゆい / 103
  • 県下理容業のおこり / 109
  • 銭湯 / 113
  • 女郎買いや遊興の取締り / 117
  • 高崎宿の芸妓 / 119
  • 明治初期の高崎花柳界 / 123
  • 高崎と前橋の芸妓 / 128
  • 芸妓屋の奉公 / 131
  • 明治晩年の花柳界 / 135
  • 高陽花柳と義太夫 / 138
  • 芸妓の行くすえ / 140
  • 大戦争と芸妓 / 144
  • 高崎花柳の芸どころ / 147
  • 半玉から姐さんまで / 152
  • 昭和初期の高崎花柳界 / 154
  • 芸妓というもの / 157
  • 芸妓屋街の鳥かん図 / 158
  • 現代の高陽花柳 / 162
  • かかあ天下と花柳界 / 165
  • 遊客のただずまい / 170
  • 上州美人とお伝 / 173
  • 唄うゴゼ / 175
  • 高崎宿の茶店 / 177
  • そば切屋から始まつた小料理店 / 179
  • 高崎宿の料亭 / 181
  • 牛鍋料理の出現と高崎 / 185
  • 城下宿の小料理 / 188
  • 料亭とカフエー / 192
  • 昭和初年の高崎飲食店街 / 194
  • 寿し屋のこと / 198
  • 昭和初年の遊興費と牛肉店 / 199
  • 企業としての料理店 / 201
  • うなぎ談議 / 203
  • 料亭の近代化 / 205
  • 高崎の乙種料理店のはじめ / 207
  • 私娼の流行と花柳病 / 209
  • 乙種料理店のたしずまい / 211
  • 全盛時代の私娼街 / 215
  • 酌婦をめぐる話題 / 217
  • 酌婦の収入出 / 220
  • 倉賀野町の白宿屋 / 222
  • 昭和初期の遊び / 223
  • 売春禁止令と柳川町 / 226
  • 廃止後の春売 / 229
  • 現代の営業と女たち / 230
  • 遊びと犯罪 / 233
  • 旧白首街の鳥かん図 / 235
  • 花柳界をもりあげた人びと / 236
  • 柳川町かいわいの近況 / 239
  • サービス業と互業組合の幹部 / 243
  • レヂヤーとしてのパチンコ / 245
  • 唄の高崎 / 246
  • 花柳界関係者名簿について / 249
  • 花柳界名簿 / 253
  • 料理割烹
  • 西洋料理店
  • 中華料理
  • 食堂
  • 喫茶店
  • 酒場(バー)
  • キヤバレー
  • 蒲焼屋
  • 飲食店
  • すしや
  • そばや
  • 弁当屋仕出し屋
  • 芸妓屋
  • 旅館ホテル
  • アパート下宿
  • 理容結髪
  • 浴場
  • 観音山売店街
  • その他のサービス業
  • 編集ののち・根岸省三 / 285

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高崎のサービス業と花街史
著作者等 根岸 省三
書名ヨミ タカサキ ノ サービスギョウ ト カガイシ
書名別名 Takasaki no sabisugyo to kagaishi
出版元 高崎市社会教育振興会
刊行年月 1967.12
ページ数 284p
大きさ 22cm
NCID BN13409238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78005270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想