日本とドイツ : 深き淵より

朝日新聞社 編

アウシュビッツとヒロシマ-深い傷を負って戦後再出発し、共に勤勉な国民性で大国への道を歩んできたドイツと日本。その軌跡は一見似ているが、果たしてどうなのか。「過去の克服」、政党、政治家、憲法、海外派遣、会社、学校、市民生活など多彩な面に焦点を当て、二つの戦後の違いを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アウシュビッツから
  • ヒロシマへ
  • ドイツ人と「過去」
  • イスラエル、そしてアメリカ
  • 戦争責任
  • ワイツゼッカー氏
  • 憲法九条
  • アデナウアーと吉田茂
  • 豊かな時間
  • ドイツの市民生活〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とドイツ : 深き淵より
著作者等 朝日新聞社
書名ヨミ ニホン ト ドイツ
書名別名 Nihon to doitsu
シリーズ名 戦後50年 2
朝日文庫 2
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.9
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 4022611146
NCID BN1340178X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想