化学装置としての脳と心 : リセプターと精神変容物質

R.M.レスタック 著 ; 半田智久 訳

その一服が世界の知覚を変え、感情を変化させ、苦痛を和らげるドラッグ=精神変容物質。到来した薬物常用社会をコントロールするための、脳と心のサイエンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 障害を受けた思考と分子
  • 魔性の酒
  • ホフマン博士と魔法の環
  • 無気力になったモルモット
  • 神経細胞を締める
  • うつの解剖学
  • ロシア人形
  • 二重スパイ
  • 良い薬、悪い薬〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化学装置としての脳と心 : リセプターと精神変容物質
著作者等 Restak, Richard M
半田 智久
レスタック R.M.
書名ヨミ カガク ソウチ ト シテノ ノウ ト ココロ
書名別名 Receptors

Kagaku sochi to shiteno no to kokoro
出版元 新曜社
刊行年月 1995.10
ページ数 312, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4788505363
NCID BN1337894X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96017775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想