国連改革と日本の役割

原田勝広 著

鉄カブトは国連を強くしたのか。「安保」から「開発」への転換、PKOの新たな役割、日本の常任理事国入り-新時代の国連を克明に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リストラ元年の国連事務局
  • 第2章 「新しい安保理」創造へ
  • 第3章 進化するPKO
  • 第4章 望まれる憲章の改正
  • 第5章 「安保」から「開発」へ
  • 第6章 米国の新孤立主義と国連離れ
  • 第7章 新しい国連と日本の役割への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国連改革と日本の役割
著作者等 原田 勝広
書名ヨミ コクレン カイカク ト ニホン ノ ヤクワリ
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1995.9
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4532144116
NCID BN13348450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96005907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想