論集幕藩体制史  第1期 第10巻 (支配体制と外交・貿易 封建思想と教学)

藤野保 編

藤原惺窩、山崎闇斎、中江藤樹、熊沢蕃山、山鹿素行、伊藤仁斎、荻生徂徠らの思想の解明を通して、幕藩国家の思想的原理を究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 封建倫理
  • 2 幕藩主従制の思想的原理
  • 3 幕藩制期の天皇のイデオロギー的基盤
  • 4 惺窩の学風と学統
  • 5 儒学思想論
  • 6 山崎闇斎の思想と朱子学
  • 7 中江藤樹の思想形成
  • 8 熊沢蕃山の歴史思想
  • 9 山鹿素行における思想の歴史的性格
  • 10 伊藤仁斎学の構成
  • 11 荻生徂徠における朱子学の理解と批判

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論集幕藩体制史
著作者等 藤野 保
書名ヨミ ロンシュウ バクハン タイセイシ
書名別名 支配体制と外交・貿易 封建思想と教学
巻冊次 第1期 第10巻 (支配体制と外交・貿易 封建思想と教学)
出版元 雄山閣
刊行年月 1995.10
ページ数 511p
大きさ 22cm
ISBN 463901323X
NCID BN13339041
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96012522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想