会計の変化 : リトルトンとジンマーマンの所説を中心にして

上田雅通 著

本書は会計がどういうふうに変化してきたかを考察し、説明するため、リトルトンとその愛弟子ジンマーマンの二人の共著、Accounting Theory:Continuity and Change(1962年)のなかにある諸説を中心にして、その「テーマ:会計の変化」に適合すると考える諸問題を集約させ、それぞれについて考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理論の歴史性
  • 第2章 事業報告の進化
  • 第3章 複会計制度、そして資金計算書
  • 第4章 低価基準の吟味
  • 第5章 物価変動会計論
  • 第6章 管理会計のルーツ-会計の管理的側面
  • 第7章 社会会計論
  • 第8章 会計の連続と変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会計の変化 : リトルトンとジンマーマンの所説を中心にして
著作者等 上田 雅通
書名ヨミ カイケイ ノ ヘンカ
書名別名 Kaikei no henka
出版元 同文館
刊行年月 1995.9
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4495160311
NCID BN13322887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96009390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想