物理学と自然の哲学

田中正 著

「ポストモダニズム」「新ロマン主義」など今日の科学批判によせつつ、科学の源流にさかのぼり近代物理学成立の意義を考える。相対論や量子論、場の理論など現代物理学が描く新しい世界像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序章 近代物理学とデカルト-問題提起に代えて
  • 2 近代科学の源流と現代物理学の基礎
  • 3 ヒュームの懐疑と近代物理学の展開-アインシュタインとラッセルの争点
  • 4 現代物理学と実在-「変換不変論」をめぐって
  • 5 場と物質-素粒子論の展開
  • 6 終章 自然・人間・科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学と自然の哲学
著作者等 田中 正
書名ヨミ ブツリガク ト シゼン ノ テツガク
書名別名 Butsurigaku to shizen no tetsugaku
シリーズ名 自然と人間シリーズ
出版元 新日本出版社
刊行年月 1995.10
ページ数 258, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4406023860
NCID BN13316068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96016014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想