現代都市住民のパーソナル・ネットワーク : 北米都市理論の日本的解読

大谷信介 著

都市社会学が従来追求してきた中心的テーマである「都市的なるもの」とはいったい何なのか-本書は、都市住民がとり結ぶ人間関係の実態=パーソナル・ネットワークに焦点を当てて、日米の「都市現実」の実証的比較分析を通してその形成論理を解明し、都市社会学理論の新しい地平を切り拓く。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 都市社会学研究の「リアリティ」
  • 第1章 パーソナル・ネットワーク研究の台頭
  • 第2章 日本における人間関係研究の系譜と問題点
  • 第3章 ネットワーク測定方法と調査概要
  • 第4章 日本のパーソナル・ネットワークの特徴
  • 第5章 属性とパーソナル・ネットワーク
  • 第6章 都市化とパーソナル・ネットワーク
  • 第7章 フィッシャー下位文化理論の日本的解読
  • 第8章 パーソナル・ネットワーク研究の射程

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • <目次>
  • 序章 都市社会学研究の「リァリティ」 / p1
  • 都市社会学の研究主題 / p1
  • 都市理論の背景にある都市現実 / p1
  • 輸入都市社会学の誤り / p2
  • 「都市現実」の実証分析 / p3
  • 問題の所在 / p5
  • 本論文の構成 / p7
  • 第1章 パーソナル・ネットワーク研究の台頭 / p10
  • 第1節 <分析対象>としてのネットワーク / p11
  • インフォーマル・ネットワークの再認識 / p11
  • <個人主義の問い直し>というイッシュー / p12
  • 第2節 欧米におけるネットワーク研究の系譜 / p13
  • <分析手段>としてのネットワーク概念の登場 / p13
  • ソーシャル・ネットワーク分析の展開 / p14
  • 数理モデルと実証研究の溝 / p18
  • 第3節 パーソナル・ネットワークの実証研究 / p20
  • 親族ネットワーク研究の蓄積 / p20
  • パーソナル・コミュニティ・ネットワーク研究 / p21
  • 第2章 日本の人間関係研究の系譜と問題点 / p29
  • 第1節 伝統的社会学研究における人間関係研究 / p29
  • 村落・家族社会学における社会関係研究 / p29
  • 鈴木栄太郎の社会関係研究 / p30
  • 日本的対人関係把握としての日本人論 / p32
  • 第2節 家族社会学におけるネットワーク研究 / p33
  • 日本における親戚関係研究の展開と問題点 / p33
  • ネットワーク研究の動向 / p35
  • 第3節 産業社会学における人間関係研究 / p36
  • ヒューマン・リレーションズ研究 / p36
  • <職場の人間関係>と<仕事を契機とした人間関係> / p37
  • 第4節 都市社会学における人間関係研究 / p38
  • 近隣関係に限定された人間関係研究 / p38
  • シカゴ都市理論の導入と生活構造論 / p40
  • インフォーマル集団結合としての位置づけ / p42
  • 第5節 日本の人間関係研究の特徴と問題点 / p44
  • 第3章 ネットワーク測定方法と調査概要 / p54
  • 第1節 先駆的調査研究 / p54
  • 北カリフォルニア・コミュニティスタディ / p54
  • トロント・イーストヨーク調査 / p55
  • アメリカGSS調査 / p57
  • 第2節 パーソナル・ネットワーク測定方法の諸問題 / p61
  • ネットワークの量的側面と質的側面 / p61
  • ネットワーク・メンバーの確定方法 / p62
  • ネットワークの種類の限定方法 / p62
  • 第3節 調査の概要~松山調査・四国調査・中四国調査~ / p64
  • 松山調査 / p64
  • 四国調査 / p65
  • 中四国調査 / p67
  • ワーディングの差異による調査結果への影響 / p68
  • 第4章 日本のパーソナル・ネットワークの特徴 / p75
  • 第1節 日本都市住民のインティメイト・ネットワーク / p75
  • <最も親しい人>の種類別構成 / p75
  • <最も親しい人>とのつきあい方 / p77
  • <最も親しい人>の空間的ひろがり / p80
  • <最も親しい人>との出身地の異質性 / p81
  • <最も親しい人>の種類別ネットワークサイズ / p82
  • 第2節 親族関係代替説-補完説の妥当性 / p83
  • 第3節 パーソナル・ネットワーク構成の日米比較 / p85
  • インティメイト・ネットワークの種類別構成比較 / p86
  • ネットワーク・サイズの日米比較 / p87
  • 親戚ネットワークの弱さ / p88
  • 兄弟姉妹の紐の強さ / p91
  • 濃密な近隣ネットワーク / p92
  • 職場ネットワークの強さ / p94
  • 第5章 属性とパーソナル・ネットワーク / p99
  • 第1節 属性とインティメイト・ネットワーク / p99
  • 第2節 属性とネットワーク規模 / p101
  • 属性別の平均つきあい人数 / p101
  • ネットワーク種類別の属性的特徴 / p106
  • 第3節 属性別特徴の日米比較 / p110
  • 北カリフォルニア調査との比較 / p110
  • GSS調査との比較 / p114
  • 第6章 都市化とパーソナルネットワーク / p118
  • 第1節 都市化とネットワーク構成 / p118
  • 「親戚の衰退と友人の興隆」という議論 / p118
  • ネットワークの質的内容について / p123
  • 人間関係の広範囲化について / p126
  • 第2節 都市化と人間関係志向 / p129
  • 都市的ネットワークに関する議論 / p129
  • 都市的人間関係志向の実態 / p131
  • 第7章 下位文化理論の日本的文脈からの解読 / p137
  • 第1節 都市化とネットワークの同質性 / p137
  • 同質結合傾向を基盤としたネットワーク理論 / p137
  • GSS調査による検証 / p139
  • 第2節 日本における都市化とネットワークの同質性 / p142
  • ボランタリーアソシエーションの会員構成 / p143
  • <最も親しい人>の出身地の同質性 / p146
  • 第3節 下位文化理論の立論構造とその問題点 / p150
  • アーバニズム論としての下位文化理論 / p150
  • 下位文化理論の立論構造 / p152
  • ネットワークの異質性と脱因襲度 / p155
  • 結章 パーソナル・ネットワーク研究の射程 / p161
  • 第1節 アメリカ個人主義を背景としたネットワーク論 / p161
  • 下位文化理論で想定されている個人 / p161
  • 選択の強さと制約の強さ / p162
  • アメリカ的個人主義の破綻 / p163
  • 第2節 同質結合を基盤とした都市理論の問題点 / p164
  • <異質性>の排除のアメリカ的背景 / p164
  • 同質結合を強調することの弊害 / p166
  • 第3節 パーソナル・ネットワーク研究の課題 / p168
  • フィッシャーネットワーク研究の貢献 / p168
  • 本論文の日米比較で明らかになったファインディングス / p170
  • 都市的ネットワークの解明 / p171
  • パーソナル・ネットワークを規定する要因 / p172
  • ネットワークの同質-異質性の表裏一体・多次元的構造 / p174
  • パーソナル・ネットワークを独立変数と見る研究視座 / p175
  • <参考文献> / p180

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代都市住民のパーソナル・ネットワーク : 北米都市理論の日本的解読
著作者等 大谷 信介
書名ヨミ ゲンダイ トシ ジュウミン ノ パーソナル ネットワーク : ホクベイ トシ リロン ノ ニホンテキ カイドク
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1995.10
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 4623025470
NCID BN13296233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96015915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想