和漢朗詠集とその享受

三木雅博 著

[目次]

  • 序 『和漢朗詠集』研究史の沿革と本論
  • 1 『和漢朗詠集』の構成
  • 2 『和漢朗詠集』の本文
  • 3 『和漢朗詠集』の享受と古注釈

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 伊藤正義
  • 序『和漢朗詠集』研究史の沿革と本論 / p3
  • I『和漢朗詠集』の構成
  • 一、『和漢朗詠集』全般の構成-『古今集』をはじめとする勅撰和歌集との関連において- / p19
  • 二、『和漢朗詠集』上巻四季部の構成-先行詞華集との関連において- / p39
  • 三、『和漢朗詠集』下巻雑部の構成-先行詞華集との関連において- / p63
  • 四、『和漢朗詠集』八月十五夜・月部の構成-都の月・他郷の月- / p97
  • 五、『和漢朗詠集』の部立「白」に関する考察-『朗詠集』の構成と周辺の資料から- / p115
  • II『和漢朗詠集』の本文
  • 一、『和漢朗詠集』の享受と諸写本の本文形態の相違 / p133
  • 二、『和漢朗詠集』古写本における佳句本文の改変をめぐって / p163
  • 三、『和漢朗詠集』平安古写本における和歌本文の異同と部立の配列 / p193
  • III『和漢朗詠集』の享受と古注釈
  • 一、院政期における和漢朗詠集注釈の展開-『朗詠江注』から『和漢朗詠集私注』ヘ- / p211
  • 二、『和漢朗詠集私注』の方法 / p239
  • 三、『和漢朗詠集私注』の変貌-院政期から室町期にかけての『和漢朗詠集』の享受と関連して- / p271
  • 四、鎌倉前期における和漢朗詠集注釈の展開-『和漢朗詠集私注』から『和漢朗詠集永済注』『和漢朗詠註抄』ヘ- / p304
  • 附 一、『千載佳句』の部門の構成に関する考察-冒頭の四時部を対象として- / p327
  • 二、『和漢朗詠集』所引唐人賦句雑考-出処と享受の問題を中心に- / p358
  • あとがき / p381
  • 英文要旨 / 左30
  • 中文要旨 / 左28
  • 索引 / 左1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 和漢朗詠集とその享受
著作者等 三木 雅博
書名ヨミ ワカン ロウエイシュウ ト ソノ キョウジュ
書名別名 Wakan roeishu to sono kyoju
出版元 勉誠社
刊行年月 1995.9
ページ数 387, 32p
大きさ 22cm
ISBN 4585100016
NCID BN13294613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96019797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想