時間と空間の文明学  1 (感じられた時間と刻まれた時間)

松本亮三 編

文明は世界を形作り、世界は文明を支える。世界の広がりと構成は、時間と空間のあり方そのものである。さまざまな文明を支えた時間と空間の観念をたどりながら、現代文明のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 時間と空間の文明学-感じられた時間と刻まれた時間の視点から
  • 第1章 インカ暦再考
  • 第2章 マヤの時間
  • 第3章 文明営為と時間
  • 第4章 古代中国における土地と人間-春秋時代を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間と空間の文明学
著作者等 松本 亮三
書名ヨミ ジカン ト クウカン ノ ブンメイガク
書名別名 感じられた時間と刻まれた時間
巻冊次 1 (感じられた時間と刻まれた時間)
出版元 花伝社
刊行年月 1995.9
ページ数 209p
大きさ 22cm
ISBN 4763402862
NCID BN13291047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96002327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想