ヴィクトリア朝の人びと

A.ブリッグズ 著 ; 村岡健次, 河村貞枝 訳

1840年代と1880年代の二つの激しい闘争の時代にはさまれたヴィクトリア中期。繁栄と安定の時代から独特な文明が誕生した。明晰な思考が衝動や偏見より大事にされ、独創に富む思想を競いあった時代である。本書は、研究されることの少なかったヴィクトリア中期に光をあて、その社会全体を同時代人が捉えたまま鮮やかにうつしだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水晶宮と一八五一年の群像
  • ジョン・アーサー・ローバックとクリミア戦争
  • トロロプ、バジョットとイギリスの国制
  • サミュエル・スマイルズと仕事の福音
  • トーマス・ヒューズとパブリック・スクール
  • ロバート・アップルガースと労働組合
  • ジョン・ブライトと改革の信条
  • ロバート・ロウと民主主義の恐怖
  • ベンジャミン・ディズレーリと暗中飛躍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィクトリア朝の人びと
著作者等 Briggs, Asa
村岡 健次
河村 貞枝
ブリッグズ A.
書名ヨミ ヴィクトリアチョウ ノ ヒトビト
書名別名 Victorian people

Vikutoriacho no hitobito
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 9
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1995.10
ページ数 400, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4623025624
NCID BN13281961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96015697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想