セックス神話解体新書

小倉千加子 著

こんなに芸のあるフェミニストはいなかった-と、上野千鶴子氏を感嘆させた著者が、巷に流布する数々の性の神話を小気味いいほど見事に次々と打ち砕く。これまでになく根源的なフェミニズム登場、として発売と同時に話題となった処女作、待望の文庫化。著者曰く-「毒は吐ききらねばなりません」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 性を語るのはなぜタブーなのか?
  • 第1章 夫婦間に強姦は成り立つか?
  • 第2章 性はなぜ商品化されるか?
  • 第3章 女性は穢れているか?
  • 第4章 「金曜日の妻たち」はどこへ行く?
  • 第5章 性欲は本能か?
  • 第6章 性教育のコードを解体する
  • 第7章 「女性的なるもの」の起源を探る
  • 第8章 性差論争の本質とは何か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セックス神話解体新書
著作者等 小倉 千加子
書名ヨミ セックス シンワ カイタイ シンショ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.9
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 4480030859
NCID BN13277476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96009129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想