一九二〇年代の中国 : 京都大学人文科学研究所共同研究報告

狭間直樹 編

[目次]

  • 国民革命の舞台としての1920年代の中国
  • 「国民会議」を巡る政治力学-1920年代から30年代への連動
  • 1920年代中国における「信仰」のゆくえ-1920年代の反キリスト教運動の意味するもの
  • 1920年代の民主主義-国民党と共産党を中心に
  • 1920年代と孫文にみるアメリカとの共生志向
  • 人口論の展開からみた1920年代の中国
  • 1920年代中国の内債問題
  • 『竹林的故事』の周辺-周作人と馮文炳
  • ダムバドルジ政権下のモンゴル-第一次国共合作とモンゴル民族解放運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九二〇年代の中国 : 京都大学人文科学研究所共同研究報告
著作者等 村田 裕子
中村 哲夫
岡本 隆司
森 時彦
江田 憲治
狭間 直樹
生駒 雅則
石川 禎浩
菊池 一隆
書名ヨミ センキュウヒャク ニジュウネンダイ ノ チュウゴク
出版元 汲古書院
刊行年月 1995.9
ページ数 301, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4762924830
NCID BN13244648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96012534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想