働く女性と家族のいま  1 (日本型企業社会と女性)

基礎経済科学研究所 編

男女雇用機会均等法が施行されて10年。男女平等社会は本当に実現しつつあるのか。「二流の労働力」とされる女性の労働を多方面から分析し、その変革の道を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本型企業社会における女性の労働と家族
  • 第1章 日本的経営と女性労働
  • 第2章 均等法後の女性雇用の現状
  • 第3章 女性労働と賃金体系・価値理論
  • 第4章 男女賃金格差と人事考課
  • 第5章 企業中心社会を超える
  • 第6章 企業社会を超克する戦略と女性の位置
  • 第7章 男女雇用機会均等法の限界
  • 第8章 職場における男女平等をめざすネットワーク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 働く女性と家族のいま
著作者等 下山 房雄
中川 スミ
久米 弘子
基礎経済科学研究所
大沢 真理
木下 武男
熊沢 誠
黒田 兼一
越堂 静子
北川 清子
書名ヨミ ハタラク ジョセイ ト カゾク ノ イマ
書名別名 日本型企業社会と女性
巻冊次 1 (日本型企業社会と女性)
出版元 青木書店
刊行年月 1995.9
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4250950417
NCID BN13241016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96015928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想