戦争がつくる女性像 : 第二次世界大戦下の日本女性動員の視覚的プロパガンダ

若桑みどり 著

本研究は、第二次大戦中に、日本の軍部が、女性を戦争システム(戦時体制)の中でどのような役割を果たすべきものとして位置づけていたか。また、その役割へと女性大衆を動員するために、どのようなプロパガンダをおこなったかという問題を、主として、戦時中に流布していたマスメディアにおけるイメージをとおしてあきらかにしようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 前提、戦争・女性・イメージ
  • 第1章 日本の戦時体制と女性の役割
  • 第2章 戦時下の婦人雑誌にみる女性イメージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争がつくる女性像 : 第二次世界大戦下の日本女性動員の視覚的プロパガンダ
著作者等 若桑 みどり
書名ヨミ センソウ ガ ツクル ジョセイゾウ
書名別名 Senso ga tsukuru joseizo
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.9
ページ数 266p
大きさ 20cm
ISBN 4480857168
NCID BN13231158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96014490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想