ドイツ・ユダヤ精神史 : ゲットーからヨーロッパへ

山下肇 著

フロイト、マルクス、アインシュタインに代表されるユダヤ系知識人の創造力の根源は何か。また十字軍からホロコーストに至る迫害の連続に耐えて再生する生命力の秘密とは。本書は、哲学者、音楽家を輩出したメンデルスゾーン一族や詩人ハイネなどをとりあげ、ドイツ・ユダヤ人への憎悪の歴史と彼らの知識階層などへの社会的進出を多面的に追究。日本のユダヤ研究に先鞭をつけた必読の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ドイツ・ユダヤ文化とわれわれ
  • 第2部 近代ドイツ・ユダヤ精神史序説
  • 第3部 現代への視角(1)-歴史からケーススタディへ
  • 第4部 現代への視角(2)-素材と点描

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ・ユダヤ精神史 : ゲットーからヨーロッパへ
著作者等 山下 肇
書名ヨミ ドイツ ユダヤ セイシンシ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.10
ページ数 408p
大きさ 15cm
ISBN 4061591975
NCID BN13226861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96013575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想