日本の教師  2

稲垣忠彦 ほか編

障害をおう子どもとの出会いと関わりの中で教師たちが発見した「教育の原点」。実践と経験の大アンソロジー。明治以降、今日にいたるまで蓄積されてきた教育の実践と経験が今、あざやかに甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黎明期の障害児教育-「障害児」の発見
  • 2 大正自由教育のもとで-「個性尊重」の障害児教育
  • 3 戦争の中での障害児教育-「天皇の赤子」の矛盾
  • 4 戦後の新たな出発
  • 5 「発達」課題への挑戦とその実践
  • 6 「自立」と「共生」とをめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の教師
著作者等 前田 一男
寺崎 昌男
稲垣 忠彦
書名ヨミ ニホン ノ キョウシ
書名別名 障害をおう子どもに学ぶ

Nihon no kyoshi
巻冊次 2
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1995.9
ページ数 440p
大きさ 21cm
ISBN 4324035431
NCID BN1322625X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96014539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想