転向と天皇制 : 日本共産主義運動の1930年代

伊藤晃 著

昭和史の暗部である"転向時代"を不毛の革命戦略と出口のない侵略戦争の衝突と順応の集団現象として解明した創始的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 転向史研究の課題と視点
  • 第2章 日本共産党労働者派と平田勲
  • 第3章 大量転向の一前提
  • 第4章 「多数派」分派の発生と挫折
  • 第5章 大量転向の様相
  • 第6章 いくつかの転向者運動
  • 第7章 転向政策における一九三六‐三七年
  • 第8章 「日本建設協会」に見る戦時下転向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転向と天皇制 : 日本共産主義運動の1930年代
著作者等 伊藤 晃
書名ヨミ テンコウ ト テンノウセイ
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.10
ページ数 353, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4326300957
NCID BN13224957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96014356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想