現代の解釈学的哲学 : ディルタイおよびそれ以後の新展開

塚本正明 著

ディルタイを源流としつつ新たな発展を遂げてきた現代哲学の解釈学的系譜を多角的に検討し、ガダマー/ハーバマス論争をはじめ、ベッティ、ハーシュ、ミッシュ等の貴重な理論をも紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ディルタイと解釈学の問題
  • 第2章 世界と解釈
  • 第3章 解釈と伝統
  • 第4章 言語と解釈学的反省
  • 第5章 解釈の客観的妥当性と歴史性
  • 第6章 解釈学的ロゴス学の探究
  • 第7章 付論-解釈学的理性批判のテーゼ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の解釈学的哲学 : ディルタイおよびそれ以後の新展開
著作者等 塚本 正明
書名ヨミ ゲンダイ ノ カイシャクガクテキ テツガク
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1995.10
ページ数 251, 9p
大きさ 19cm
ISBN 4790705765
NCID BN13197672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96032205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想