古代ローマの恋愛詩

ポール・ヴェーヌ [著] ; 鎌田博夫 訳

古代から中世を経て今日にいたるまでの西洋の詩の歴史的特徴を視野におさめ、ローマ・エレジー(恋愛詩)のステイタスを改めて定義し直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序言と短いアンソロジー
  • 2 カリマコスと叙情的ユーモア
  • 3 わざとらしい告白-マニエリスムとユーモア
  • 4 偽りの告白-典型的なもの
  • 5 悪い社交界
  • 6 社会学から記号学へ
  • 7 都会の衣装をまとった田園詩
  • 8 神話の性質と使い方
  • 9 名だたる隷従と顔色の悪い女
  • 10 面白い逆説と快楽批判
  • 11 語用論-いかなる権利で自分の私生活を公表するのか
  • エピローグ われわれの強烈な文体、あるいは古代詩が退屈な理由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ローマの恋愛詩
著作者等 Veyne, Paul
鎌田 博夫
ヴェーヌ ポール
書名ヨミ コダイ ローマ ノ レンアイシ
書名別名 L'élégie érotique romaine

愛と詩と西洋

Kodai roma no ren'aishi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 495
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.9
ページ数 346p
大きさ 20cm
ISBN 4588004956
NCID BN13196614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96015273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想