家庭のない家族の時代

小此木啓吾 著

かつて、家族は唯一の共同生活の形態だった。ところが、いまや様々な文化的共同生活の形態が、次々に登場して「家族」にとってかわろうとしている。精神科医である著者は、「モラトリアム人間」から「シゾイド人間」…と、一貫して新しい人間の在りようを追求し、「家族のない家族」の時代を、どう生きるべきか、新しいヒューマン・ネットワークを提起する!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 感情の容れ物としての家庭
  • 家庭の中の山アラシ・ジレンマ
  • 思い込みで暮らす幻想家族
  • 日本的核家族
  • 父親不在と擬似同性愛社会
  • 男性月経社会の心理
  • ネットワーク家族への道
  • 家族の未来
  • 人間観の革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家庭のない家族の時代
著作者等 小此木 啓吾
書名ヨミ カテイ ノ ナイ カゾク ノ ジダイ
書名別名 Katei no nai kazoku no jidai
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1986.4
ページ数 267p
大きさ 16cm
ISBN 4087491048
NCID BN13192737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86036057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想