レンブラント工房 : 絵画市場を翔けた画家

尾崎彰宏 著

十七世紀、国際商業都市アムステルダムを中心に美術市場がひらける。大量生産される絵画、次々に生み出されるコピー。芸術が商品となったとき、誇り高き画家レンブラントが工房経営に求めたものは何か…。さまざまな証言と資料から「工房」の実態と時代的意味をあぶり出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 虚構のなかの事実
  • 第2章 共生そして競争-レンブラントとリーフェンス
  • 第3章 絵画の栄光とアカデミー
  • 第4章 絵画工場
  • 第5章 絵画市場の誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レンブラント工房 : 絵画市場を翔けた画家
著作者等 尾崎 彰宏
書名ヨミ レンブラント コウボウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 57
出版元 講談社
刊行年月 1995.9
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4062580578
NCID BN13170927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96006448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想