見ることの狂気

クリスティーヌ・ビュシ=グリュックスマン 著 ; 谷川渥 訳

愛と死 官能の恐怖、欲望し戦慄し焼尽する狂気の眼差しが、感性というタブーにバロックの原‐イメージを射る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プレリュード 「いわく言いがたきもの」
  • 1 見ることの舞台
  • 2 眼差しの働き
  • 3 窃視あるいはアフンタスムの眼
  • 4 修辞家の望遠鏡(1)-驚異狂熱
  • 5 修辞家の望遠鏡(2)-無の形象
  • 6 眼差しえぬもののパランプセスト
  • フィナーレ 見ることの火傷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見ることの狂気
著作者等 Buci-Glucksmann, Christine
谷川 渥
Buci‐Glucksmann Christine
ビュシ=グリュックスマン クリスティーヌ
書名ヨミ ミル コト ノ キョウキ
書名別名 La folie du voir

バロック美学と眼差しのアルケオロジー

Miru koto no kyoki
出版元 ありな書房
刊行年月 1995.9
ページ数 199p
大きさ 22cm
ISBN 4756695396
NCID BN1316447X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96061896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想