徳川吉宗

笠谷和比古 著

幕府中興の祖、八代将軍吉宗。百分の一以下の確率のチャンスしかなかった彼がどのようにして将軍になりえたのか。将軍として押し進めた改革とはどのようなものだったのか。吉宗の改革政治のリーダーとしての資質に迫るとともに、今日のいわゆる日本型組織システムの形成に道をひらいた享保改革の全体像を豊富な文献史料に基づいて明らかにする。日本型組織におけるスーパー・リーダーの条件。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 元禄・享保時代と吉宗
  • 第2章 幕府の財政改革
  • 第3章 都市問題と行政制度の整備
  • 第4章 司法制度の整備と『公事方御定書』の編纂
  • 第5章 組織改革と人材登用
  • 第6章 国産開発と徳川社会の近代化
  • 終章 吉宗のリーダーシップ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川吉宗
著作者等 笠谷 和比古
書名ヨミ トクガワ ヨシムネ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.9
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4480056440
NCID BN13161573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96014215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想