昔話と伝説

マックス・リューティ [著] ; 高木昌史, 高木万里子 訳

伝説‐短篇小説の萌芽と昔話‐長篇小説への指向。「人間の魂の根源的な欲求」を満たしてきた二つの文学形式の本質的性格と相互作用を精緻なテクスト分析によって明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昔話
  • 昔話と伝説
  • ジャンル様式
  • 漁師とその妻の話
  • ラプンツェル
  • ガスコーニュのハムレット
  • シェイクスピアと昔話
  • 指輪物語
  • 昔話と文芸学
  • 民俗学と文芸学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昔話と伝説
著作者等 Lüthi, Max
高木 万里子
高木 昌史
L¨uthi Max
リューティ マックス
書名ヨミ ムカシバナシ ト デンセツ
書名別名 Volksmärchen und Volkssage

物語文学の二つの基本形式
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 491
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.9
ページ数 349, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4588004913
NCID BN13155220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96014588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想