地方分権

兼子仁, 村上順 著

地方分権は住民自治を拡充するか。地方分権推進の歴史的な努力が行われている現在、「地方分権推進法」が、<住民自治体>づくりに繋がるよう地方分権がもつ法的しくみの意味合いを探り、戦後から今日までの地方分権論議の内容を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地方分権をめぐる基本的な法制論(「地方自治の本旨」から見た"地方分権"
  • 日本国家を形づくる国と自治体
  • 地方自治権をどこまで増やせるか
  • 地方分権を求める"住民自治体")
  • 地方分権推進法の制定とその背景(地方自治体の56年法体制と70年代自治体の先導行政
  • 80年代後期からの地方分権論議の経済・社会的背景
  • 地方分権論議の経過と地方分権推進法
  • 内需拡大論的地方分権論の問題点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方分権
著作者等 兼子 仁
村上 順
書名ヨミ チホウ ブンケン
書名別名 Chiho bunken
シリーズ名 憲法問題双書 3
出版元 弘文堂
刊行年月 1995.9
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4335301138
NCID BN1315505X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96058719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想