ホロコーストの罪と罰 : ドイツ・イスラエル関係史

ミヒャエル・ヴォルフゾーン 著 ; 雪山伸一 訳

ナチス・ドイツが、ユダヤ民族に対して犯した罪は永遠に続くのか。歴史的犯罪を軸に、緊張と波乱のなかで展開してきた両国の軌跡を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒトラーがいなければイスラエルはなかった?-建国の伝説に反論する
  • 第2章 ドイツ・ユダヤ・イスラエルにおける歴史政策の歩み
  • 第3章 ホロコーストとユダヤ人
  • 第4章 ドイツとイスラエルの役割交換
  • 第5章 言葉をめぐる問題-「防衛」から「ホロコースト」まで
  • 第6章 市民の意見-世代交代の鏡像
  • 第7章 市民の行動-指標としての観光
  • 第8章 礎を置いた二人
  • 第9章 三角関係を検証する
  • 終章 変わったもの、変わらないもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホロコーストの罪と罰 : ドイツ・イスラエル関係史
著作者等 Wolffsohn, Michael
雪山 伸一
ヴォルフゾーン ミヒャエル
書名ヨミ ホロコースト ノ ツミ ト バツ
書名別名 Ewige Schuld?

Horokosuto no tsumi to batsu
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1995.9
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 4061492713
NCID BN1314967X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96009186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想