神秘の中世王国 : ヨーロッパ、ビザンツ、イスラム文化の十字路

高山博 著

地中海世界のダイナミックな異文化接触の実態に迫る。三大文化圏の十字路ノルマン・シチリア王国。土に埋もれた墓碑銘や古文書館に眠る羊皮紙から、失われた王国が鮮やかによみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 魅惑する王国(きらめく過去への扉
  • 羊皮紙に記された三つの言語)
  • 2 神秘の中世王国(三人の王の物語
  • 王国に住む人々
  • 王の支配)
  • 地中海世界のプリズム(王国内に併存する異文化
  • 異文化圏を行き交う人々)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神秘の中世王国 : ヨーロッパ、ビザンツ、イスラム文化の十字路
著作者等 高山 博
書名ヨミ シンピ ノ チュウセイ オウコク
書名別名 Shinpi no chusei okoku
シリーズ名 中東イスラム世界 4
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.9
ページ数 321, 31p
大きさ 20cm
ISBN 4130250248
NCID BN13141714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96010889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想