ドラマとしての心理療法 : 心理療法家は詐欺師か

吉川悟 著

気鋭のセラピストが、コミュニケーション理論を駆使して治療の舞台裏を大胆に公開。いま、心理療法をラディカルに問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人とドラマの関係
  • 第1章 どうして心理療法が必要とされるのか
  • 第2章 いったい誰が治したといえるのか?
  • 第3章 芝居小屋の裏側に廻ってみれば…
  • 第4章 演出家としての心理療法家の断片集
  • 第5章 ほんとうにドラマはあるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドラマとしての心理療法 : 心理療法家は詐欺師か
著作者等 吉川 悟
書名ヨミ ドラマ ト シテノ シンリ リョウホウ
書名別名 Dorama to shiteno shinri ryoho
出版元 創森
刊行年月 1995.7
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4915886093
NCID BN13137105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96044999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想