ヘリコバクター・ピロリの基礎と臨床

山本達男 著

本書は、細菌学者、消化器病学者あるいは病理学者に強い衝撃を与え、ノーベル賞候補の可能性がうわさされはじめたヘリコバクター・ピロリに関する研究領域を主に細菌学の立場からまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 感染症としての胃炎
  • 2 消化性潰瘍は感染症?
  • 3 感染と胃癌・胃非ホジキン悪性リンパ腫
  • 4 冠動脈心疾患、アトピー疾患、コレラ易感染に関与?
  • 5 攻撃能力と防御能力(構造と産物)
  • 6 ヘリコバクター・ピロリ感染症制圧への挑戦
  • 7 遺伝子と分子疫学
  • 8 ヘリコパクターの分類と病原性
  • 9 消化性潰瘍の再発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘリコバクター・ピロリの基礎と臨床
著作者等 山本 達男
書名ヨミ ヘリコバクター ピロリ ノ キソ ト リンショウ
書名別名 Herikobakuta pirori no kiso to rinsho
出版元 メディカルカルチュア
刊行年月 1995.9
ページ数 91p
大きさ 26cm
ISBN 4924908134
NCID BN13133308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97048281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想