遠近法で見る浮世絵 : 政信・応挙から江漢・広重まで

横地清 著

数学の文化史研究の国際的権威が、江戸期浮世絵の遠近法習熟の過程を、奥村政信・円山応挙から司馬江漢・歌川広重まで、克明に分析した快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江漢の東海道五十参次との出会い、その驚き
  • 第2章 奥村政信の数学的遠近法
  • 第3章 中国の年画の数学的遠近法
  • 第4章 円山応挙の数学的遠近法
  • 第5章 曙山と江漢の数学的遠近法
  • 第6章 江漢と広重の東海道五十参次画帖の数学的遠近法
  • 補章 数学的遠近法に関する作図と性質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠近法で見る浮世絵 : 政信・応挙から江漢・広重まで
著作者等 横地 清
書名ヨミ エンキンホウ デ ミル ウキヨエ
出版元 三省堂
刊行年月 1995.8
ページ数 1冊
大きさ 22cm
ISBN 438535653X
NCID BN13127575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95078515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想