人間にとって顔とは何か

レイ・ブル, ニコラ・ラムズィ 著 ; 仁平義明 監訳

私たちは他人を意識的・無意識的に「顔」で判断してしまうことが多い。いったい、私たちは互いに他人をどこまで「外見」で判断しているのだろうか。顔は人生にどんな影響をもたらしているのだろうか。それは、どのような場面で、どれくらいの力を持つのだろうか。本書は、信用度・犯罪・学校といった、様々な場面で持つ「顔の力」を社会心理学的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 イントロダクション-「顔」研究のタブーと問題
  • 2章 恋愛にとって、顔とは何か考えてみる
  • 3章 「顔」のいい人は信頼されるのか
  • 4章 罪を犯しやすそうな「顔」はあるか
  • 5章 学校は「かわいい子」に有利な場所か
  • 4章 子どもの「顔」で大人の態度はどう変わるか
  • 7章 醜い人はどこまで「損」か
  • 8章 容貌で不利益を被る人に、どんな支援ができるか
  • 9章 最後に「顔」の魅力を探ってみる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間にとって顔とは何か
著作者等 Bull, Ray
Rumsey, Nichola
仁平 義明
ラムズイ ニコラ
ブル レイ
書名ヨミ ニンゲン ニ トッテ カオ トワ ナニカ
書名別名 The social psychology of facial appearance

心理学からみた容貌の影響

Ningen ni totte kao towa nanika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1995.9
ページ数 376, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4062570874
NCID BN13124602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96009125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想