円相の芸術工学

杉浦康平 編

[目次]

  • 1 自然と円相-円を発想の基本にして自然の諸相を読み解く。
  • 2 脳とコンピュータの円相-「脳を考える脳を考える脳…」情報幾何学の円相を探る。
  • 3 情報と円相-自己言及的な生物社会をめぐる情報の円環構造。
  • 4 分裂病の円相学-全存在をかけて、こころの円環を閉じるとき。
  • 5 混合体と円相-動き、味わう、身体が知覚するクレオールの道。
  • 6 円相と空間秩序-東アジアの国々の脈打つ風水の空間秩序形成技術。7 マンダラと円相-「花と壷」-豊穣と再生を支える二つの円相
  • 8 円相の人類学、あるいは円相の中の時空-ここがそこであり、生と死が同時に見える場所の不思議。
  • 9 円相と太極図-万物生成のダイナミズムを内包する太極。
  • 10 円相と十牛図-「花が咲き、川が流れる」無我の境位から、存在が開かれる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円相の芸術工学
著作者等 杉浦 康平
甘利 俊一
上田 閑照
岩田 慶治
香山 リカ
今福 龍太
書名ヨミ エンソウ ノ ゲイジュツ コウガク
書名別名 Enso no geijutsu kogaku
シリーズ名 神戸芸術工科大学レクチャーシリーズ
出版元 工作舎
刊行年月 1995.9
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 4875022506
NCID BN13106848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96004785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想