隔絶された少女の記録

ラス・ライマー 著 ; 片山陽子 訳

他者とのかかわりなしに、人は言葉をもつことができるだろうか。この問いにひとつの答えを与えた少女がいた。1970年秋のロサンゼルス。誕生以来13年間、父親によって小部屋に閉じ込められてきたジーニが発見された。やせ細った少女は、泣くことも叫ぶことも知らなかった。精神科医、心理学者、言語学者、教師らによる研究チームが組まれる。少女は、またとない実験台として迎えられた。やがて少女は笑うことを覚え、他人に愛着を示しはじめる。しかし…。人間らしさをとりもどすため、科学に身を委ねざるをえなかった少女。その足跡を追い、人が人として生きるために必要なものとは何かを深く問う。埋もれた事件の全容を明かす迫真のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 発見
  • 第2部 予感
  • 第3部 進歩
  • 第4部 喪失
  • 第5部 残像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隔絶された少女の記録
著作者等 Rymer, Russ
片山 陽子
ライマー ラス
書名ヨミ カクゼツサレタ ショウジョ ノ キロク
書名別名 Genie:an abused child's flight from silence

Kakuzetsusareta shojo no kiroku
出版元 晶文社
刊行年月 1995.7
ページ数 304p
大きさ 20cm
ISBN 4794962150
NCID BN13100772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95080019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想