マダム篠田の家 : 港の見える丘物語 Yokohama1945-50

赤塚行雄 著

それは横浜から始まった。厚木から横浜への緊迫した米軍進駐の真実。「闇市的民主主義」の展開を浜っ子の著者がハイティーンの自分史を織り混ぜて描いたルポルタージュ&青春物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 横浜山手・榎の木かげの古い洋館
  • 想い出はレンブラントの絵のように
  • パンパン宿の隣の家の少年
  • 戦後民主主義と闇屋的価値観
  • 「人間は自分自身を売ったらおしまいなのよ」
  • 母親たち、姉たちの活躍
  • 高位の愛欲の尼僧のように
  • 「汚れた巷に生きている以上は…」
  • 鎌田銓一中将と先遣隊長テンチ大佐
  • 特攻隊の豪壮な秘密の地下壕
  • 「すべての日本人を去勢してしまえ」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マダム篠田の家 : 港の見える丘物語 Yokohama1945-50
著作者等 赤塚 行雄
書名ヨミ マダム シノダ ノ イエ
書名別名 Madamu shinoda no ie
出版元 第三文明社
刊行年月 1989.7
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 4476031536
NCID BN13090103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89051162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想