三国志の風景 : 写真紀行 カラー版

小松健一 著

英雄・豪傑たちが活躍した中国の大地-『三国志』ファンならずとも、一度は訪ねてみたい憧れの地であろう。中国大陸の雄大な風景とそこに生きる中国民衆の表情を精力的に撮影・取材した気鋭の写真家が、カラー写真とエッセイで歴史のロマンを描き出す。旅の魅力に満ちた岩波新書初のカラー版写真集。井波律子「民衆世界の三国志」併載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 劉備軍団の登場-河北省〓@56B0@州
  • 2 中原に鹿を逐う-洛陽・虎牢関・官渡・三門峡
  • 3 曹操の故地-許昌・亳州・開封・臨〓@56F2@・安陽・徐州
  • 4 武略を伸ぶるの地-襄樊・新野・南陽・沙市
  • 5 長江の戦い-南昌・武漢・赤壁
  • 6 「天府の国」-成都
  • 7 劉備の敗北と死-宜昌・三峡・重慶
  • 8 諸葛孔明の「南蛮征伐」-昆明・大理・麗江・安順
  • 9 英雄争覇の舞台-西安・漢中・五丈原
  • 10 孫権軍団の拠点-南京・蘇州・上海

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三国志の風景 : 写真紀行 カラー版
著作者等 小松 健一
書名ヨミ サンゴクシ ノ フウケイ
シリーズ名 三国志演義
岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.9
版表示 カラー版
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4004304075
NCID BN13089385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96012573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想