徳川吉宗と江戸の改革

大石慎三郎 著

本書は、新田開発ほか様々な年貢増収策や側用取次という側用人の設置など、吉宗による財政再建策と人材登用の妙を多面的に論述。また大江戸の発達と大岡越前守などの活躍した江戸の市政の仕組みを平易に解説する。吉宗を中心に、新井白石から田沼意次に至る江戸の改革を独自の観点で分析した好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新井白石
  • 吉宗の登場
  • 都市の時代
  • 江戸時代の農村と農民
  • 「田沼時代」とその前後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川吉宗と江戸の改革
著作者等 大石 慎三郎
書名ヨミ トクガワ ヨシムネ ト エド ノ カイカク
書名別名 Tokugawa yoshimune to edo no kaikaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.9
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4061591940
NCID BN13084439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96005791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想