個人史としての民法学 : 思想の体系としての比較民法学をめざして

川村泰啓 著

[目次]

  • 欧米留学まで(先学との出会い
  • 悲情と有情の狭間で
  • ドイツ留学-自己脱皮の旅)
  • 商品交換法の体系と構想と挫折(不当利得類型論と二人三脚の体系構想-『体系』序論にそくして
  • 所有関係と契約関係の分化のドイツ・モデルと英仏モデル ほか)
  • 転回-英米法文化をモデルに据える比較法制度史研究(第三のカルチュア・ショック
  • 『体系』の売買 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個人史としての民法学 : 思想の体系としての比較民法学をめざして
著作者等 川村 泰啓
書名ヨミ コジンシ ト シテノ ミンポウガク
書名別名 Kojinshi to shiteno minpogaku
シリーズ名 日本比較法研究所研究叢書 31
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1995.7
ページ数 444p
大きさ 22cm
ISBN 4805705302
NCID BN13069854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95077877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想