終わりなき日常を生きろ : オウム完全克服マニュアル

宮台真司 著

オウム事件以降も、歴史教科書問題・酒鬼薔薇事件と、終わりなき日常を濃密に生きる知恵を持たない人々が、ハタ迷惑な噴き上がりをみせつつある。世紀末的混乱のさなか、本書の意義はさらに増大しつつあると思う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「オタク論・連赤論・二重組織論・邪宗論」はデタラメ(「オタク文化の悪しき影響」ではない
  • 「連合赤軍事件と同じ」ではない ほか)
  • 第2章 「さまよえる良心」がアブナイ(「末端の信者はいい人」ではない
  • 元教団幹部Aの人となり ほか)
  • 第3章 「終わらない日常」はキツイ(八〇年代の二つの終末観
  • サリンばらまき犯は「顔が見える」 ほか)
  • 第4章 コミュニケーション・スキルという知恵(「終わらない日常」を生きるためのスキル
  • 「世代的記憶」と結びついた喪失感 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 終わりなき日常を生きろ : オウム完全克服マニュアル
著作者等 宮台 真司
書名ヨミ オワリナキ ニチジョウ オ イキロ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.7
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 4480857206
NCID BN13065194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95079831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想