社会集団の再発見 : 自己カテゴリー化理論

J.C.ターナー 著 ; 蘭千寿 ほか訳

本書は故タジフェル(Tajfel,H.)の流れを汲むターナーと新進気鋭の共同研究者たちによる研究成果の集大成である。集団に関する古典的な心理学的諸理論に代わって、新理論によって集団形成と凝集性、社会的影響、社会的態度の極性化、群集行動と社会的ステレオタイプなどの集団現象や集合現象を包括的に解明している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題の紹介-個人と集団
  • 第2章 社会集団の再発見
  • 第3章 自己カテゴリー化理論
  • 第4章 社会的影響の分析
  • 第5章 社会的アイデンティティと集団凝集性
  • 第6章 社会的カテゴリーの顕著さ
  • 第7章 社会的アイデンティティと集団極性化
  • 第8章 社会的行為としての群集行動
  • 第9章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会集団の再発見 : 自己カテゴリー化理論
著作者等 Turner, John C
蘭 千寿
Turner J.C.
内藤 哲雄
磯崎 三喜年
遠藤 由美
ターナー J.C.
書名ヨミ シャカイ シュウダン ノ サイハッケン
書名別名 Rediscovering the social group
出版元 誠信書房
刊行年月 1995.8
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 4414302803
NCID BN13054198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96006020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想