名探偵登場  日本篇

新保博久 著

日本のミステリは一八八九年に始まった。明智小五郎の名前の由来とは。三毛猫ホームズは一作限りの設定だった…岡本綺堂、野村胡堂から江戸川乱歩、松本清張と続き、赤川次郎、高村薫に及ぶ探偵小説にまつわる意外な事実を、主人公別に説き明かした名探偵クロニクル。すぐに役立つ読書案内と、詳細な著者紹介を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 三河町の半七-西欧的知性が生んだ江戸人
  • 明智小五郎-名探偵は三度生れ変る
  • 銭形平次-知らぬ者のない人気者
  • 帆村荘六-珍無類の科学探偵
  • 人形佐七-ホームドラマ的一家の親分
  • 顎十郎-偉大なアゴが謎を解く
  • 智恵の一太郎-もう一人の小林少年探偵団長
  • 金田一耕助-遺伝する才能
  • 加賀美捜査一課長-ビッグネーム探偵に挟まれて
  • 神津恭介-完全無欠の天才〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名探偵登場
著作者等 新保 博久
書名ヨミ メイタンテイ トウジョウ
書名別名 Meitantei tojo
シリーズ名 ちくま新書
巻冊次 日本篇
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.8
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4480056432
NCID BN13053548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96008374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想