一九四五年夏最後の日ソ戦

中山隆志 著

終戦は8月15日ではなかった。闇に葬られた戦争秘話。樺太、千島、そして北海道…。ポツダム宣言受諾にゆれる日本にソ連軍の新たな進攻が開始された。日ソ双方の戦争史料を渉猟し、最後の日ソ戦にいたる経緯と、戦いの実態を明らかにする。日ソ関係を北方領土問題の根幹から考察した労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソ連参戦にいたる日ソ関係とソ連の対日戦準備
  • 第2章 樺太、千島方面の日本の防衛準備
  • 第3章 樺太における対ソ戦
  • 第4章 千島における対ソ戦とソ連軍の進出
  • 終章 樺太、千島方面の戦いの意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九四五年夏最後の日ソ戦
著作者等 中山 隆志
書名ヨミ センキュウヒャク シジュウゴネン ナツ サイゴ ノ ニッソセン
書名別名 Senkyuhyaku shijugonen natsu saigo no nissosen
出版元 国書刊行会
刊行年月 1995.7
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 4336037523
NCID BN13048898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想