経済上より観たる蘭領印度

増井貞吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 植民政策の推移 / 1
  • 第一節 過去の植民政策(東印度會社時代より歐洲大戰の直前まで) / 1
  • 第二節 現時政府の政策(一九一四-一九二五年) / 40
  • 第二章 蘭領印度の統治組織 / 84
  • 第一節 總說 / 84
  • 第二節 中央行政と地方行政 / 99
  • 第三節 司法制度 / 113
  • 第三章 財政並に金融事情と貿易の梗槪 / 118
  • 第一節 蘭領印度の財政 / 118
  • 第二節 金融並に爲替事情 / 142
  • 第三節 輸出入貿易の梗槪 / 163
  • 第四章 農業總論 / 184
  • 第一節 序說 / 184
  • 第二節 農業の分類 / 190
  • 第三節 土地制度 / 193
  • 第四節 歐人農業の企業組織 / 207
  • 第五節 蘭領農業發達の要素 / 222
  • 第五章 代表的の歐人農業(附、其他の主要農產物) / 270
  • 第一節 砂糖業 / 270
  • 第二節 護謨栽培業 / 329
  • 第三節 煙草栽培業 / 359
  • 第四節 茶栽培業 / 375
  • 第五節 珈琲栽培業 / 388
  • 第六節 規那栽培業 / 400
  • 第七節 其他の主要農產物 / 413
  • 第六章 重要なる鑛業 / 444
  • 第一節 總說 / 444
  • 第二節 石油業 / 449
  • 第三節 錫採掘業 / 469
  • 第四節 石炭業 / 476
  • 第五節 金、銀、鐵其他 / 481
  • 第七章 投資上より觀たる蘭領印度 / 484
  • 第一節 蘭領產業の投下資本額 / 484
  • 第二節 外國資本の投下に就て / 493
  • 第三節 農業企業地としての爪哇對外領 / 502
  • 第八章 蘭領印度に於ける各國の經濟的勢力 / 524
  • 第一節 序說 / 524
  • 第二節 蘭領印度に於ける英人の勢力 / 528
  • 第三節 蘭領に於ける獨逸人の地位 / 534
  • 第四節 佛白米及び其他の歐洲諸國 / 538
  • 第五節 蘭領に於ける支那人の地位 / 540
  • 第六節 日本人の投資と其の經濟上の地位 / 547
  • 第九章 經濟上より觀たる蘭領印度の將來 / 558
  • 第一節 植民地としての蘭領印度の經濟的意義 / 558
  • 第二節 結論、經濟上より觀たる蘭領印度の將來 / 564
  • 重なる參考書目 / 573

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済上より観たる蘭領印度
著作者等 増井 貞吉
書名ヨミ ケイザイジョウ ヨリ ミタル ランリョウ インド
出版元 財政経済学会
刊行年月 1926
ページ数 577p
大きさ 23cm
NCID BN13047024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57012363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想