帝都物語  第4番

荒俣宏 著

昭和二十年八月十五日。第二次世界大戦の敗北は人々に大きな衝撃をもたらした。帝都は瓦礫の都市と化し、復興は困難な状況に陥っていた。しかも帝都を守護していた英霊の銅像の封印が解け、地霊や怨霊が跳梁跋扈し始める。そのさなか、"屍解"という仙術を駆り、不老不死の肉体を得た魔人・加藤保憲が再び日本へと舞い戻ってきた。いまだ覚醒せぬ"将門"の霊を地上に招喚するために-。風水という古来の叡知を詳細に紹介した大崩壊小説(カタストロフィ・ノベル)第四弾。戦後篇、堂々の開幕。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝都物語
著作者等 荒俣 宏
書名ヨミ テイト モノガタリ
シリーズ名 角川文庫
巻冊次 第4番
出版元 角川書店
刊行年月 1995.6
版表示 新装合本版
ページ数 518p
大きさ 15cm
ISBN 4041690277
NCID BN1304384X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95064425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想