世界史学講義  下巻 (第三世界と世界史学)

吉田悟郎 著

[目次]

  • 西欧近代文明の由来、構造、特徴と問題性、そしてその現在
  • 西欧近代文明の帰結としての帝国意識
  • 日本の近代化と大日本帝国、その帝国意識
  • 「西洋」(西欧)対「東洋」(アジア)・十字軍、東方問題、パレスチナ問題をひとつながりに見る、日東西三分法の問題性
  • 現代日本の盾-米国とは何か
  • 危機のなかの自分と国家・民族・宗教またはイデオロギー
  • 戦後・今日の日本の歩みとあり方
  • 第三世界と世界史学
  • 世界史学とはどういう学問か?
  • 世界史学への道程の始まりで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界史学講義
著作者等 吉田 悟郎
書名ヨミ セカイシガク コウギ
書名別名 第三世界と世界史学

Sekaishigaku kogi
巻冊次 下巻 (第三世界と世界史学)
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1995.2
版表示 [第1版第2刷]
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 4275015754
NCID BN12215134
BN13030815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95038334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想