変貌するフランス : ミッテランからシラクへ

長部重康 著

シラクの核実験再開の理由は何か。左翼から右翼へ、14年ぶりに大統領権力が転換したフランス。その政治・経済・社会の変貌と世界戦略の方向をとらえる、臨場感にみちた緊急報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ミッテランの軌跡-戦後フランスの政治・経済の流れのなかで
  • 社会党政権の挑戦
  • 「教授たちの共和国」の失敗
  • 統合欧州の再生を探るフランス
  • 産業再編と鉄鋼合理化計画
  • フランスを変えるネオ・リベラリスムのうねり
  • 甦るミッテランとルペン・ショック
  • パリ再開発のキーワード
  • フランスの移民労働者問題
  • 社会主義の壊走と「ミッテランの実験」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌するフランス : ミッテランからシラクへ
著作者等 長部 重康
書名ヨミ ヘンボウスル フランス
書名別名 Henbosuru furansu
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.8
ページ数 342p
大きさ 20cm
ISBN 4120024679
NCID BN13025101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想