土佐藩

平尾道雄 著

辺域の後進地帯にありながら、西南雄藩の一として明治維新に重要な役割を演じた土佐藩。その革新のエネルギーは如何にして培われたか。その成立から詳述し、封建制から脱皮し次第に近代化する同藩の実態を歴史的に解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近世土佐藩の成立
  • 2 財政と経済
  • 3 藩学と教育
  • 4 動揺する封建制
  • 5 安政期の変動
  • 6 土佐勤王党
  • 7 明治維新と土佐藩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土佐藩
著作者等 平尾 道雄
日本歴史学会
書名ヨミ トサハン
シリーズ名 日本歴史叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1995.8
版表示 新装版
ページ数 262, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4642066187
NCID BN05674765
BN13013215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95073986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想